審査に通らないケースは?

MENU

審査に通らないことも-無利息で借りる.com

 

カードローンの審査に落ちて借りれない画像

カードローンの審査に通らないのは、多重債務の他にもいくつか理由が考えられます。審査において重要視されるのは安定した収入があるかになります。

 

ですから、会社に入って間もない新入社員や転職したての人は難しくなります。最低でも3カ月は勤務した実績が無いと落とされてしまうでしょう。

 

カードローンに申し込みをするとカード会社では、まず電話で在宅確認を行います。このとき、電話が繋がらないと住所不定とされ、審査を通過することが出来ません。無利息で借りるなんてもっての外です。

 

銀行カードローンの審査は難しい

 

消費者金融の審査は、銀行カードローンの審査に比べて通りやすいと言われています。
消費者金融で借入れをする場合、収入の多さと同時に安定した収入があることも審査の要素となります。

 

銀行カードローンでも同様の基準となっていますが、消費者金融との違いはある程度の年収を必要とされる場合があることです。更に年収が多くても自営業者ということで審査に通らないケースもあるということです。その場合には1年程の期間をおいてから再度申込みをしてみると良いでしょう。

 

借入先からの電話は必ず通じるように!

また、電話自体が止められていますと電話料金滞納とみなされ、審査に通らなくなります。

 

在宅確認が終わったら勤務先へ在籍確認をします。在籍が確認されたら、信用情報機関で個人情報が確認されます。(JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)|HOME

 

信用情報機関には、過去の借入履歴や返済状況、他社への無金利や利息なしで借り入れの有無、勤務先の情報や年収などが記録されています。

 

信用情報機関の情報と申込の際に記入した情報が違っていると嘘をついているとみなされ、審査に落とされてしまいます。申込書には事実を記入しましょう。

 

どうしてもお金借りたい、絶対に審査落ちは困る!

銀行や消費者金融から融資を受ける際のカードローン審査で注意するべきことは色々とありますが、それでもどうしてもお金借りたい、審査落ちしたら本当に困ってしまうという場合には特に細心の注意を払う必要もあるのです。

 

以下ではこれから申し込みするカードローン審査に絶対に通りたい、また既に1つのカードローン審査に落ちてしまったけど今度は絶対に落ちたくないという方に役立つ情報を紹介していきます。

 

カードローン審査の内容はそれぞれのサービスにより異なる

カードローンやキャッシングは銀行や消費者金融でそのサービスにより内容も異なっています。

 

いずれのカードローンでも申し込み方法についてはインターネット利用が便利であることに違いはありませんが、金利や利用条件などはそれぞれに独自の設定があり、審査の内容についても全く同じということはなく、異なる部分もあるようです。

 

そのために1つのカードローン審査に落ちてしまった場合でも、他のカードローンでは審査に通るということもあります。

 

安心してカードローン審査を受けるため注意したい3つのこと

今度のカードローン申し込みはどうしても借入れまで完了させたいという時、安心してカードローン審査を受けるために注意したい3つのことがあるのです。

  • 申し込みフォームの入力にミスや嘘はNG
  • 希望限度額は必要最低限の金額に
  • 身分を証明する書類の提出は慎重に

カードローン審査で注意したいことは色々とありますが、それでもどうしても審査に落ちたくないという場合に特に注意したいことが上の3つとなります。
詳細は以下を参照してください。

 

申込みフォームの入力には注意が必要

カードローンの申し込みに圧倒的に多く利用されているのは、ホームページ内にある申込みフォームの必要な項目に入力していく方法でしょう。

 

借り入れの申込みを受けた銀行や消費者金融では、その項目に入力された内容を判断材料として融資の決定をしています。

 

そのためカードローンでお金を借りれるかどうかは申し込みの内容に掛かっているとも言えるため、入力内容にはミスや嘘があってはならないのです。

 

申込み後には本人確認の電話が携帯電話などに、審査の際には在籍確認の電話が勤務先へ掛かることもありますので、どちらとも数字の入力にはミスがないように注意が必要となります。

 

この段階でも番号が違うため確認の電話ができないという理由で審査に落ちてしまう可能性もあるからです。

 

希望限度額は必要最低限の金額にする

どうせ借りるなら少しでも金額は多い方が良いと考えがちですが、収入に対して吊り合いの取れない金額である場合、審査に落ちやすくなることもあります。

 

申し込みする金額は自分の身の丈に合い、しかも必要最低限の借り入れとなるように心掛けることが審査に落ちないために必要なことと言えるでしょう。

 

特に消費者金融では一定期間無利息というサービスが初回の借り入れに限り利用可能なので、大きな金額も借り入れしやすくなると思います。

 

それでもコチラの考えとは逆に消費者金融側では「余程お金に困っているのだろう、返済も期待できないかも知れない」と判断されることにもなるんです。

 

そのため審査に落ちやすくなりますし、審査に通過したとしても現実問題として一括返済は難しくなるため、完全に無金利でキャッシングできることにはできなくなります。

 

身分を証明する書類の提出は慎重に、写真の撮影にも注意

以前はカードローン申し込み後の身分を証明する書類の提出はFAXや郵送であったものが、現在ではパソコンやスマートフォンから画像の送信することでも提出が可能となっています。

 

この際に注意したいことがあるのですが、カメラ機能を利用して身分証明書を撮影する場合、内容がはっきり見えるようにすることが大事になります。

 

証明書の写りが悪いだけで審査に落ちるということはありませんが、再提出が必要になる場合もあり、そうなると審査の時間も長引いてしまい、安心してカードローン審査を受けることができなくなってしまいます。

 

 

お金を利息なしで借りる方法