無利息で借りる 自営業

MENU

自営業のキャッシング利用事情

自営業の人は、サラリーマンの人とは違って安定した収入がありません。
利益が出なくても、諸経費や人件費を捻出しなければならないのです。

 

そんな時は、カードローンを利用することをお勧めします。

 

安定した収入が無ければ、審査に通らないのではないかと思う方も居ると思いますが、事業者カードローンというものがありますのでそちらを利用すると良いでしょう。

 

ビジネスローンを申し込むときには登記簿などの書類も必要

事業者ローンは、ビジネスローンとも呼ばれています。

 

事業者ローンを申し込むには、本人確認書類の他に会社の登記簿、決算書、確定申告書など事業を証明する書類が必要になります。
(登記簿の画像→登記簿 - Google 検索

 

審査に通りますと、融資が受けられます。事業者ローンは、一般のカードローンに比べると限度額が大きく設定されています。
金利・限度額

 

銀行系の事業者ローンは審査に数週間かかる事があります。消費者金融系の事業者ローンは即日融資してくれるところもあります。

 

条件に寄っては無利息で借りることも不可能ではありません。

 

担保が無くても借りられる業者もあります。各業者で条件や審査にかかる時間が違ってきますので、よく比較検討して申し込みましょう。

 

自営業の無利息借入のまとめ

自営業者でも消費者金融のキャッシング審査に通ることは可能です。ただしその場合はサラリーマンに比べて審査が厳しくなる可能性もあるようです。

 

借入希望額が少ない場合でも収入証明書の提出を求められたり、実際に借入限度額が少なくなることもあります。また銀行カードローンでは個人事業主に対しては、サラリーマンよりも更に厳しい審査となる場合もあるようです。銀行での利用はそれなりの実績が必要となるのでしょう。

 

自営業 サラリーマン
審査厳しめ 自営業よりは通りやすい
自営業 サラリーマン
無利息も可能 無利息も可能

 

自営業者の審査に関して言われていることは、やはり安定した利益が上げられているのか?という点が多く言われています。例えば学生さんなどでもキャッシングは可能なのですが、実際の審査の際に見られる項目として、「アルバイトだとしても安定した収入があるのか?勤務年数はどのくらい?」という点が審査で見られることがあります。

 

同じように自営業者の方(個人事業主も含む)が借り入れの際の審査で見られる点は、

 

  1. 事業が続いている期間・年数
  2. 収入の安定性

 

この2点を見られる場合が多いのでチェックしてくのが最善です。例外として、「会社の将来に融資する」という意味での借入はこの限りではありません。また、今回は無担保カードローンのケースについてお話しているので、土地や家を担保に入れて借りるケースとは別で考えていただければ幸いです。