お金を借りるときの金利・限度額について

MENU

金利・限度額を気にするなら無利息で借りる

カードローンは、担保や保証人が無くお金を借りれる事が出来ます。カードローン会社は、年率と呼ばれる金利を明示するように義務付けられています。

 

利用者は、この金利やサービスを比較してカードローン会社を選定します。カードローン会社が決まって審査を受けると、限度額が決まります。限度額とは、かりれることが出来る最高額になります。利用者は、限度額までなら何度でも借り入れる事が出来ます。

 

限度額というのは、カードローン会社によって異なりますが、誰でもそのカードローン会社の利用限度額までのお金を借りられる訳ではありません。

 

個人の収入、勤続年数、住居形態、保険の種類などによって変わってきます。金利も、いくら借り入れたかによって変わってきます。

借り入れの時の情報の例
  • 個人の収入
  • 勤続年数
  • 住居形態
  • 保険の種類

一般的に、大きい金額を借り入れるほど金利が下がる傾向にあります。カードローンと良く似た商品に、キャッシングというものがあります。

 

クレジットカードに付随したキャッシング機能

キャッシングは、クレジットカードに付随した機能ですが、こちらもカードでお金を借りることが出来ます。返済方法は、昔は一括返済が多かったのですが今では分割払いも選べるようになってきています。

 

返済によっては無利息で借りることも可能な場合があります。

 

金利や限度額があるところも、カードローンと非常に良く似ています。

 

家賃の滞納から立ち退きまでの流れとは

家賃滞納で金利が高い

家賃を滞納すると、初めは大家さんや不動産会社から電話などが掛かって来るだけですが、それでも支払いをしない場合督促状が届くようになります。

 

その時に家賃の支払いをすれば問題ありませんが、尚も支払いをしない場合は家に取り立てに来ることになります。その時に支払うお金があれば良いのですが、無い場合にはいつになったら支払いができるということを約束する必要があります。

 

約束の日までに支払えない時、または取り立てに来ても居留守を使うなどすると、契約の時に申請した連帯保証人に支払いの請求が行くことになります。連帯保証人とは契約者と連帯して支払いの責を負うことになっている為、契約者が支払い不能と判断した場合には必ず連絡が行きます。(補足:賃貸物件を借りる際に求められる「連帯保証人」。その責任はどれほどのもの? | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【HOME'S PRESS】

 

それでも家賃の回収ができない場合は、契約解除となり、立ち退きを要求されることになります。そうなると殆どの場合には2~3か月程で強制退去となるようです。