在籍確認

MENU

在籍確認と提携銀行口座の有利な借り方

 

 

大手消費者金融は、どこで借りても大きな差はありません。どこに差があるかというと、無利息キャッシングサービス、提携銀行、在籍確認です。

 

アコム、プロミス、ノーローンは無利息サービスを扱っており、またこの3社は特定の銀行口座を持っていると有利です。アコムとプロミス、モビットは在籍確認でも融通が効きます。

 

〈在籍確認で融通が効くかどうか〉

消費者金融は大抵平日も21時頃まで、土日も営業していますが、たとえば勤務先が土日休みの会社の人が土日にキャッシングしようとすると、普通は在籍確認といえば勤務先への電話なので、確認が取れませんね。

 

そんなとき、勤務先への電話以外の方法で在籍確認が取れたとして対応してくれるところもあります。

 

アコムは、一旦限度額を下げて融資してもらえ、後日確認が取れればまた、限度額を上げられます。
プロミスは、会社が発行している保険証や直近の給与明細など、在籍していることが証明できる書類を提出することで代替することができます。

 

どちらも申込の際に勤務先の在籍確認ができない事情を伝えておきましょう。こちらから伝えずにいると、審査に時間がかかったり心証を悪くします。

 

また、モビットは「WEB完結」で勤務先への電話連絡はないと明記しています。しかし実はモビットのWEB完結というのは実際には電話連絡などはあります。他の大手のカードローンと審査の仕組み自体は変わらないのでその辺りは要注意ですね。

 

〈提携銀行口座を持ってるかどうか〉

銀行カードローンならもちろんそこの銀行口座があればスムーズに借入できることが多いですが、消費者金融でも提携銀行口座があれば、ネットキャッシング(銀行振込)で振込はリアルタイムです。

 

アコムとノーローンは楽天銀行、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている人は、契約が完了していれば申込み後すぐに振り込まれます。メンテナンスを除き、ほぼ24時間対応しています。